クリスマスに世界で食べられるお菓子

クリスマスに世界で食べられるお菓子

もうすぐクリスマス。N’s KITCHEN(エヌズキッチン)でもクリスマスがテーマのお弁当レシピをご紹介しています。

クリスマスは、日本はもちろん、世界中で、色々な形でお祝いされています。今日は、クリスマスに、または、クリスマスを待つ時期に食べる、世界のお菓子をご紹介します。

◆シュトーレン(ドイツ)
ドイツのケーキです。酵母の入った生地に、レーズンとレモンピール、オレンジピールを練りこんで焼き上げます。上には粉砂糖をたっぷりかけます。中身がぎっしりつまっていて、焼きあがってから少し時間が経っているほうがしっとりしておいしく食べられます。

シュトーレン

◆パネトーネ(イタリア)
イタリアの伝統的なお菓子で、クリスマスに欠かすことのできないお菓子です。これも酵母の入った生地に、ドライフルーツを入れてつくるのが一般的ですが、マフィンのような形をしていて、シュトーレンよりもふんわりとした食感です。

パネトーネ

◆ビュッシュ・ド・ノエル(フランス)
ブッシュ・ド・ノエルともいいます。フランス語でノエルが「クリスマス」、ブュッシュは「木」を意味し「クリスマスの木」を意味していています。クリスマスケーキとして食べられています。カットしていない長いままのロールケーキをチョコレートクリームなどでデコレーションしてつくります。

ビュッシュ・ド・ノエル

◆ミンスパイ(イギリス)
イギリスのクリスマスシーズンに欠かせないお菓子です。小さな円形のパイで、中リンゴ、レーズン、レモンやナッツ類、シナモン、ハーブを混ぜ合わせた「ミンスミート」を入れて焼き上げます。スパイシーです。私は食べたことが無かったので、レシピを探して作ってみましたが、フルーティーでスパイシーで、大人が楽しめるお菓子だと感じました。

ミンスパイ

◆ジンジャーブレッド(世界中)
広くヨーロッパで親しまれているクリスマスのお菓子です。ジンジャークッキーもその中に含まれます。クリスマスツリーに飾られる場合もあります。その名のとおり、しょうががたっぷり入ったお菓子です。

ジンジャーブレッド

番外編:
◆グリューワイン・グロッギ(ドイツ・フィンランド)
クリスマスの時期に楽しむホットワインです。赤ワインにカルダモン、シナモンなどのスパイスを加え、レーズンやアーモンドの薄切りを加えて飲む、あたたかくて甘くてスパイシーな飲み物です。アルコールなのでこれはもちろん大人向け。温まる飲み物です。

グリューワイン・グロッギ

今年はクリスマスケーキに加え、世界のお菓子でお祝いをしてみるのはいかがでしょうか。

(文 たび)

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

3つの味が楽しめるロールパンサンド弁当

こちらもおすすめ