ミネラルを失わないレタスの洗い方

ミネラルを失わないレタスの洗い方

レタスにはビタミンCやビタミンE、カリウムなどのビタミン、ミネラルが含まれています。ミネラルの中では、カリウムは水溶性のミネラルなので、調理をするときの洗い方が残存率に影響するそうです。

女子栄養大学で行われた実験結果をご紹介しましょう。

レタスの状態100gあたりのカリウム含有量カリウムの残存率
なにもせずにそのままのレタス217mg100%
水に20秒さらす173mg80%
50度のお湯に20秒さらす196mg90%

なにもしない状態のカリウムの残存率を100%として、レタスを20秒水にさらした場合と、50度のお湯にさらした場合のカリウム残存率をチェックすると、50度のお湯にさらしたほうが、カリウムの残存率が高い、つまり、カリウムが多く含まれているということがわかったそうです。さらす時間が短時間であれば、50度のお湯にさらすのが有効なのですね。

「50度洗い」には、野菜の色を鮮やかにする、保存期間が長くなるなどの効果があると言われているので、調理の際、ひと手間かけてみるのも良いかもしれません。N’s KITCHEN(エヌズキッチン)では、サニーレタスを使ったレシピをご紹介していますので、こちらもどうぞ。ハム巻きポテサラ

(文:たび)

出典:吉田企世子・監修 『女子栄養大学 栄養のなるほど実験室』(女子栄養大学出版部)

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

ほうれん草の正しいゆで方

こちらもおすすめ