ヤングコーンはコーンの子ども?

ヤングコーンはコーンの子ども?

国産の旬は5~7月のヤングコーン。形がかわいいので、サラダに入っていてもうれしいですよね。ところで、ヤングコーンとコーン(とうもろこし)の関係、次のどちらが正しいと思いますか?

A. ヤングコーンはコーンの子どもで、収穫せずにそのままにしておくと成長してコーンになる。

B. ヤングコーンとコーンは別のものである。

正解はA!「ヤングコーンはコーンの子ども」です。

ヤングコーンとコーンは収穫時期の違いだけで、同じものなのです。コーンを十分な大きさに育てるには、1株で2本が限界なので、3本目以降は早く収穫する必要があります。この時に収穫されて流通しているのがヤングコーン(ベビーコーンとも呼ばれます)です。種類によってばらつきはありますが、1株から数本のヤングコーンが収穫できるそうです。

コーンとヤングコーン、栄養面での大きな違いはないのですが、ヤングコーンはまるごと食べられるため、調理が楽というメリットはありますね。

N’s KITCHENでご紹介しているレシピ「ヤングコーンのバター醤油炒め」も簡単で、お子さまが好きな味に仕上げていますので、ぜひつくってみてくださいね。

はこ はこ

カテゴリ
  • N's KITCHENをtwitterで送る
  • N's KITCHENをLINEで送る
  • N's KITCHENをfacebookで送る