クリスマスシュトレンってなに?

クリスマスシュトレンってなに?

クリスマスが近づくと目にすることが多い粉糖に包まれた焼き菓子。それがシュトレンです。(シュトーレンとも言われています。)日本でもこの数年で人気が高まったように感じます。

シュトレン。みなさんは食べたことがありますか?私はずっとあまりおいしく感じなかったのですが、40代にして初めておいしさが分かりました。味が分かるようになってきたということなのでしょうか。

簡単にシュトレンを紹介すると

・ドイツ発祥の伝統的な焼き菓子
・日持ちがする焼き菓子
・イエス・キリストの降誕にあたる12月25日を待ちわびて毎日少しずつ食べる習わしがある
・中にはドライフルーツやシナモンをベースに、香りの強いカルダモン、クローブ、ナツメグなどのスパイスが入っている

こんな感じです。

ちょっと豆知識。

シュトレンはスライスする時には端を切って食べるのではなく、真ん中でスライスして中心から端側へ食べていきます。そうすると保存する時に断面と断面を合わせて空気に触れにくくなるので傷みにくいそうです。

と言っても、環境によっては傷んでしまうこともありますし、消費期限にも気を付けてくださいね。

最近は、手軽に自宅で作れるシュトレンキットも販売しています。いつものクリスマスケーキとは一味違う焼き菓子を、子どもと一緒に作ってみるのも楽しいですね。

(文:ゆめ)

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

クリスマスのごちそう〇〇〇は世界共通?!

こちらもおすすめ