しょうがで温まる鶏肉とレンコンのみぞれ汁弁当

体をあたためる野菜といえば、しょうがです。雪を降らせたようなみぞれ汁と、脂がのったぶりの照り焼き、歯ごたえが楽しい胡麻よごし。あたたかくほっとする、和風弁当です。

鶏肉とレンコンのみぞれ汁

大根おろしを加えたみぞれ汁。大根に含まれるジアスターゼは胃もたれや胸やけなどに効果があり、消化を助けます。鶏肉を先に焼くことで香ばしさを加え、しょうがであったまる冬にぴったりのスープです

ぶりの照り焼き

小さく切って、しょうがを効かせた甘辛の照り焼きです。ぶりに脂がのっているので、余分な脂をのぞいてから、タレを絡めるのがポイントです

いんげんとえのきの胡麻よごし

定番の胡麻和えを黒すりごまにした和え物。歯ごたえのあるいんげんとの相性もよいです。えのきは炒めて水分を飛ばします

材料

鶏肉とレンコンのみぞれ汁

1人分約15分

鶏もも肉1/4枚(約70g)
レンコン約60g
大根約100g
しょうがのすりおろし1/3かけ分
かつお出汁200cc
ひとつまみ
醤油小さじ1
ごま油大さじ1/2
作り方はこちら

ぶりの照り焼き

1人分約15分

ぶりの切り身1切れ
しょうが1/3かけ(1cm分)
A 酒大さじ1
A みりん大さじ1
A 砂糖大さじ1/2
A 醤油大さじ1
サラダ油大さじ1/2
作り方はこちら

いんげんとえのきの胡麻よごし

2人分約10分

いんげん8本
えのき1/2パック
A 黒すりごま大さじ1
A 砂糖小さじ1
A かつおだし大さじ1
A 醤油大さじ1/2
作り方はこちら

作り方

鶏肉とレンコンのみぞれ汁

1人分 約15分

  • 1

    スープジャーに熱湯をそそぎ、ふたをして保温しておく。


  • 2

    鶏肉は親子丼やお雑煮に入れるくらいの1~2cmに小さく切る。レンコンは小さめの乱切りにして数分水につける


  • 3

    大根は皮をむき、すりおろす


  • 4

    小鍋にごま油を熱し、鶏肉を皮目から焼いていく。白っぽくなったら、レンコンも加えて全体を和えて油を回す


  • 5

    ここにかつおだしを入れて火にかけ、塩と醤油、しょうがのすりおろしも加えて3分ほど煮る


  • 6

    大根おろしを加え、再び沸騰してから1分火にかけ、熱湯をすてたスープジャーに移す


ぶりの照り焼き

1人分約15分

  • 1

    ぶりは3つに切り、両面に塩をふる(分量外)。10分程おき、キッチンペーパーなどで出てきた水分をふき取る


  • 2

    しょうがは粗みじん切りにしておく


  • 3

    フライパンにサラダ油をしき、ぶりを焼く。きれいに焼き目がつけば裏返して片方の面も焼く。側面も焼き付ける


  • 4

    両面色よく焼けたら、キッチンペーパーなどで油を吸い取る


  • 5

    ここにAの調味料を入れ、粗みじんしたしょうがも入れ、中火で煮詰めていく。ぶりを時々ひっくり返してタレを絡めて出来上がり


いんげんとえのきの胡麻よごし

2人分約10分

  • 1

    いんげんは3~4cmの長さに切り、塩の入った熱湯で2分ほどゆでる


  • 2

    えのきは根元を切り落とし、半分に切り、下半分は手でほぐす。これをサラダ油をしいた(分量外)フライパンで水分を飛ばすように炒め、しんなりしたら火を止める


  • 3

    ボールにえのきといんげんを入れ、Aの材料を加え、全体を和える


  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

きのこ香る焼きうどん弁当

こちらもおすすめ