梅かおるたけのこのはさみ揚げ弁当

たけのこ、そらまめ、海老、わかめ、かつお。それぞれのうまみを引き出し、梅や昆布でさらに風味を加えたよくばりな和風弁当です。

たけのこはさみ揚げ梅風味

梅干しをきかせたタネをはさんで作ります。たけのこはゆでたけのこを買ってくると簡単に作れます。小麦粉をしっかりふってノリの役目にします

そら豆と海老の塩昆布炒め

緑のそら豆を、色の良い海老と合わせます。塩昆布が良い味わいになります

新わかめのおかか炒め

新わかめを相性のよいごま油で炒め、醤油とかつおの風味だけでいただきます。作り置きにも便利な一品。新わかめが売っていない場合は塩漬けのわかめを戻して使ってください

材料

たけのこはさみ揚げ梅風味

2人分約15分

ゆでたけのこ(根元の部分)100g
A 豚ひき肉70g
A 酒小さじ1
A 梅干し小1個(もしくは大1/2個)
A 醤油小さじ1
A 砂糖小さじ1
小麦粉適量
B 天ぷら粉50g
B 冷水70cc(70g)
B 白だし小さじ2(10g)
サラダ油(揚げ物用)適量
作り方はこちら

そら豆と海老の塩昆布炒め

1人分約10分

そら豆(さやつき)2本
むき海老3尾
塩昆布ひとつまみ
ごま油大さじ1
適量
片栗粉適量
こしょう適量
作り方はこちら

新わかめのおかか炒め

2人分約7分

新わかめ(お刺身用)100g
ごま油大さじ1
かつお節ひとつかみ
醤油大さじ1/2
作り方はこちら

作り方

たけのこはさみ揚げ梅風味

2人分 約15分

  • たけのこは下の根元の部分を横に8枚にスライスする。一度水洗いし、アクや水気を取り除き、バットに並べる


  • たねを作る。梅干しをたたき、Aの材料をすべて混ぜ合わせる


  • バットに並べたたけのこに小麦粉をふり、たねを4等分してのせ、はさんで形を整える


  • Bの天ぷら衣を混ぜる


  • 揚げ油を用意し、160度くらいの中温になれば、たけのこを衣にくぐらせ、色よく揚げていく。お弁当に入れるときは半分に切り、断面をみせるとよい


そら豆と海老の塩昆布炒め

1人分約10分

  • そら豆は手でタオルを絞るようにさやから出し、黒い部分に横に切れ目を入れる


  • 塩の入った熱湯を準備し、そら豆を1分ゆで、粗熱がとれたら皮をむく


  • 海老は背ワタをとったら2つに切る。塩と片栗粉と水で洗って水気をふく


  • 小さいフライパンにごま油をしき、海老を両面焼いていく。焼き色がついたらそら豆を加え、全体をごま油で和え、塩昆布も加えて火を止める


新わかめのおかか炒め

2人分約7分

  • わかめはまな板に広げ、縦に3cm、横に3cmに切る(一口大に縦横切る)


  • フライパンを中火にし、熱くなればごま油を加え香りが出たらわかめを加える。全体に油が回るように炒める


  • ここにかつお節を加え、全体が絡むように混ぜ合わせる


  • さいごに醤油を回しかけ、全体を和え、香ばしい香りが出たら火を止めて出来上がり


  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

梅昆布茶を使った芋天弁当

こちらもおすすめ