柴漬けがアクセントチキン南蛮弁当

かりっと揚げたチキンをタレにからめ、タルタルをのせたチキン南蛮は、見た目も味も、存在感のある一品です。茄子とピーマンのしぎ焼き、クルクルちくわきゅうりを添えて、バランスよく仕上げます。今回は800mlの大きめのお弁当箱でつくっています。

柴漬けタルタルのチキン南蛮

子どもにも大人にも大人気のチキン南蛮。衣は卵液だけにしてピカタ風に。柴漬けを使ったタルタルで彩よく手軽に作りました。チキンはもも肉を胸肉に変えてつくるとヘルシーに仕上がります

茄子とピーマンのしぎ焼き

ねり味噌を塗ったお料理をしぎ焼きといいます。相性のよい茄子とピーマンを炒めて甘く仕上げたねり味噌と一緒に絡めて炒めます。ピーマンは最後に加え、生の食感を楽しみます。

クルクルちくわきゅうり

お弁当にぴったりの一品。きゅうりを射込むちくわきゅうりもよいですが、梅の香りを加えてアレンジしています。

材料

柴漬けタルタルのチキン南蛮

1人分約15分

鶏もも肉1枚(約250g)
塩こしょう適量
溶き卵1個分
A 醤油大さじ1
A 酢大さじ1
A 砂糖大さじ1
B マヨネーズ大さじ2
B ゆで卵1個分
B 玉ねぎみじん切り大さじ1
B 柴漬け15g
B こしょう少々
一味(辛い物が苦手な人は省く)少々
作り方はこちら

茄子とピーマンのしぎ焼き

2人分約10分

茄子1本
ピーマン1個
ごま油大さじ1
A 味噌大さじ1/2
A 砂糖大さじ1/2
A みりん大さじ1/2
A 酒大さじ1/2
A 醤油少々
作り方はこちら

クルクルちくわきゅうり

1人分約3分

ちくわ1本
きゅうり約半本(使いやすい量)
ねり梅(チューブ)2cm
つまようじ/ピック2本
作り方はこちら

作り方

柴漬けタルタルのチキン南蛮

1人分 約15分

  • 1

    鶏もも肉は余分な脂や筋の固まった部分をのぞき、筋切りを意識しながら分厚いところは開いて下処理をする。ここに塩こしょうを両面ふる


  • 溶き卵を用意し、鶏肉の両面にたっぷりつける


  • 170度の油をフライパンに用意し、皮面を下にして揚げる。2分ほど触らず、固まってきたら、ひっくり返す。数分したらまたひっくり返し、1分ほどさらに揚げて取り出す。冷めたら6,7等分に切る


  • バットにAの調味料を合わせ、砂糖が溶けるようにまぜあわせる。ここに鶏肉を両面からめる


  • タルタルを作る。ゆで卵をみじん切り、柴漬けをみじん切り、これとBをすべて合わせてよくまぜる


  • お弁当の時はごはんをしいた上にのっけてタルタルをたっぷりかけ、好みで七味や一味をかける。プチトマトやキャベツの千切りを添えてもよい


茄子とピーマンのしぎ焼き

2人分約10分

  • Aの材料をすべて小さなボウルで合わせる


  • 茄子とピーマンは乱切りにする


  • フライパンにごま油を熱し、なすの切った面が下になるように並べ、焼き色をつける。ひっくり返し、ふたをして蒸し焼きにする


  • ここに1の合わせみそを加え、ピーマンも入れて全体を絡める


クルクルちくわきゅうり

1人分約3分

  • ちくわを縦半分に切る


  • きゅうりはちくわより1cmほど短く切り、ピーラーで何枚かそぎ切りし、真ん中の方のきれいなものを2枚使う


  • ちくわの外面にねり梅を塗る。この上にきゅうりをのせ、手前からクルクルと巻き、ようじで止める


  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

梅昆布茶を使った芋天弁当

こちらもおすすめ