「いただきます」の意味を知ってさらにおいしく食べよう

「いただきます」の意味を知ってさらにおいしく食べよう

「いただきます」は、食事を始める時に使うあいさつ。

改めて語源と意味を調べてみました。

諸説あるようですが、「いただく」の語源は、神様にお供えしたものを食べるときや、位の高い方から物を受取るときに、頂(いただき。頭の上)にかかげたことから、「食べる」「もらう」の謙譲語として「いただく」が使われるようになったことに由来する説があります。

やがて、食事を始める時に「いただきます」と言うようになり、食前の挨拶として定着していったとのこと。


また、「いただきます」は謙譲語であることから、感謝の気持ちが表されているといわれています。

ひとつは、食事に携わってくれた方々への感謝。
料理を作ってくれた方、配膳をしてくれた方、野菜を作ってくれた方、魚を獲ってくれた方など、その食事に携わってくれた方々へ感謝のこころを表して。

もうひとつ意味があり、それは「食材となった命への感謝」です。
肉や魚はもちろんのこと、野菜や果物にも命があると考え、「(食べ物に対して)あなたの命をいただきます」とそれぞれの食材に感謝の気持ちを表しているとのこと。N’s KITCHEN(エヌズキッチン)編集部内でも、こんなにたくさんの感謝が詰まっているんだねと、感嘆の声があがっていました。


「いただきます」ステキな挨拶ですね。

意味を知り、感謝の気持ちで「いただきます」を言ったら、よりおいしく食事ができる気がしますね。

(文:さゆ)

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る