ぬか漬け初心者が変わり種に挑戦しました

ぬか漬け初心者が変わり種に挑戦しました

たまに食べたくなるぬか漬け。お家で好きなものをぬか漬けにできたら良いだろうなと思いながらも、ぬか床のお手入れにハードルの高さを感じていました。

ムジパト(無印良品が好きで、定期的にパトロールしています)していたら、こんな私にピッタリなものを見つけました。

発酵ぬかどこ」です。

商品説明:毎日のかき混ぜがいらないぬかどこです。あらかじめ発酵させているので、そのまま野菜を漬けられます。チャック付袋なので、容器は用意せずにすぐに始められます。袋の裏には、作り方、漬け時間の目安も記載があるのがうれしい。

めんどくさがりの私にピッタリではありませんか!

何を漬けようかワクワクしながら、すぐに買って帰りました。せっかくならちょっと変わったものを漬けてみたい!とチャレンジしたのが、次のものです。

漬ける前の野菜(一部)

きゅうり 漬けた時間:12時間
これは漬物の王道ですね。ズッキーニとの比較がしたくて漬けました。12時間だと私にはちょっとしょっぱかった。6時間~10時間ぐらいでも良さそう。

ズッキーニ 漬けた時間:12時間
同じ瓜系でズッキーニもぬか漬けに向いているという話を聞き、初めてチャレンジしました。洗って水気を拭いて、そのまま漬けました。ギュっと実が締まって、あっさりしていて食べやすい!美味しい!新しい発見でした。私はきゅうりより好きです。ズッキーニというとラタトゥイユ等の洋風なお料理のイメージですが、ぬか漬けも合うんですね。もっと漬かっていても良さそう。今度は1日漬けてみます。

アスパラ 漬けた時間:24時間
根元のかたい部分を切り落とし、皮が厚そうな部分はピーラーで剥きます。生のまま漬けました。味が濃くなり美味しさもアップ。好みによっては、12時間くらいのもう少し短い時間の浅漬け風も良さそうです。

おくら 漬けた時間:24時間
塩を振って板ずりします。ガクを取り除いて、生のまま漬けました。丸一日漬けると、しっかりしっとりと漬けこまれたぬか漬けに。浅漬け風が良ければ、12時間くらいでも良さそうです。丸ごとパクッと食べられて、いくらでも何本でも食べられます。

ミニトマト 漬けた時間:12時間
どうやら“ミニ”がしっかり味が染みてぬか漬けに合うらしいという情報をゲットし、試してみました。水で洗って、ヘタを取って、ぬか漬けに。優しくぬか漬けの塩分が染みて、トマトの美味しさが凝縮されました。トマト好きな方には、ミニトマトのぬか漬け、ぜひチャレンジしてもらいたいです。

パプリカ 漬けた時間:12時間
パプリカをぬか漬けに?!興味津々で漬けてみました。4分の1に切り、中の種とワタを取り、生のまま漬けます。どんな味になるんだろう…とドキドキしながら食べてみたら…これもまたぬかに合う!ピーマンと違って苦みもないので、生でも食べやすいです。ぬか漬けにすると、パプリカの甘味に、ぬかの酸味・塩分が重なって、新しい美味しさです。リピート決定。

ゆで卵 漬けた時間:12時間
ぬか漬け=野菜というイメージでしたが、ゆで卵をぬか漬けにするという話を聞き、どんな味なんだ?!と私の好奇心がウズウズ。ゆで卵を作って、殻をむいて漬けました。私の中で一番のヒットでした。めちゃくちゃ美味しかったです。ゆで卵のぬか漬けを食べるために、ぬか漬けをしてほしい!それくらいオススメです。燻製のように、美味しさが濃くなり、ゆで卵1つペロッと食べられました。漬け時間も12時間がベストでした。

おくらとミニトマト
おすすめのゆでたまごとパプリカ
おすすめのゆでたまごときゅうり、アスパラ、ズッキーニ

めんどくさがりで初心者の私でも、ぬか漬けライフを楽しめました。おうちでぬか漬け、手軽に始められたのでおすすめです。

ちなみに、ぬかがゆるくなってきたら干し椎茸を入れて水分を吸わせると良いそうです♪うまみも増して、干し椎茸もそのまま食べられます。そして、ぬかが少なくなってきたら「発酵ぬかどこ 補充用 250g(税込290円)」があります。かゆいところに手が届くところが、うれしいですね。

(文:さゆ)

無印良品 発酵ぬかどこ 1kg
価格:890円(税込)
商品番号:82931617

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る