すき焼きのタレでつくる牛丼

すき焼きのタレでつくる牛丼

調味料は市販のすき焼きのタレと酒のみなので、お手軽につくることができます。いんげんも加えて見た目も栄養もバランスよく仕上げます。

材料

すき焼きのタレでつくる牛丼

2人分 約15分

牛こま切れ肉(または切り落とし肉)200g
玉ねぎ1/2個
いんげん1パック
A すき焼きのタレ100mL
A 酒50mL
A 水50mL
ごはん150g
紅しょうが(好みで)適量

作り方

  • 1
    牛肉は大きければ食べやすい大きさに切る。
  • 2
    玉ねぎは繊維を断つように薄切りにする。いんげんは3cm長さに切る。
  • 3
    鍋にサラダ油(分量外)をしき、牛肉と玉ねぎを中火で炒め合わせる。
  • 4
    しんなりしたら、いんげんと、Aを加える。アクをとりつつ、時々混ぜながら汁けが減るまで煮る。
  • 5
    弁当箱にごはんを広げ、上から4をのせる。好みでしょうがを添える。
  • レシピ作成 岩下美帆先生
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る