熱いものを食べると鼻水が出る人体の不思議

熱いものを食べると鼻水が出る人体の不思議

ラーメン屋さんに行くと鼻水(美しい他の表現が欲しいところ)が止まらなくなるきなこです。人目も気になるし、地味にストレス。

「熱いものを食べると鼻水が出る現象」なぜだと思いますか?この厄介な生理的現象と向かい合うため、調査してみました。

これは「熱い食べ物の空気が一気に肺に入らないようにするために、鼻水で調整している」とのこと。

噛み砕いて説明すると、鼻には適度な温度の空気を肺に送る役目があり、熱い空気を急いで冷ますために鼻水を出して対抗している。
さらに、冬場の窓ガラスの結露と同じような状況が鼻の中でも起きており、温かい空気が冷たい鼻の中で冷やされて、サラサラの鼻水に変わり放出されるのです。

人知れず、こんなに頑張ってくれてたんだ、私の鼻。グッジョブ!(それでも鼻水出て欲しくはないけれど・・・)

ラーメン屋さんは申し訳ないのですが、こんな感じで鼻水が出てしまうので、ティッシュを常駐してくださるととてもありがたいです。

きなこ きなこ

カテゴリ
  • N's KITCHENをtwitterで送る
  • N's KITCHENをLINEで送る
  • N's KITCHENをfacebookで送る