アスパラガスの八幡巻き風

普段はごぼうでつくる八幡巻きをアスパラガスを使うことで見栄えよく、食感も楽しめる肉巻きにします。八幡巻きは、もともとごぼうを穴子や肉で巻く料理をさし、ごぼうの産地京都八幡が名前の由来です。

材料

アスパラガスの八幡巻き風

2人分 約15分

薄切り牛肉 100g(4枚)
グリーンアスパラガス4本
適量
サラダ油適量
A 醤油50cc
A  みりん50cc
A 酒大さじ2
小麦粉適量

作り方

  • 1
    アスパラガスは根元の固い部分を切り落とし、根元から2分の1は、皮むき器で皮をむく
  • 2
    フライパンに多めに塩を入れた熱湯でゆで(太さによるが数分)指でさわって根元がやわらかくなったら水にとってさます
  • 3
    まな板に牛肉を広げ、小麦粉を茶こしに入れて全体にふる
  • 4
    アスパラガスを穂先が少し見えるように、穂先のほうから斜めに巻いていく
  • 5
    フライパンを熱してサラダ油をなじませ、八幡巻きの巻き終わりを下にして焼き付けてからころがしながら焼き、表面に焼き色をつけて取り出す
  • 6
    フライパンをきれいにして、タレをすべて入れて、少し煮詰めたら、八幡巻きを戻し、ころがしながら全体にタレを煮からめ、つやよく仕上げて3つか4つに切る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る