鮭の柚庵焼き

鮭の柚庵焼き

秋は生じゃけがおいしい季節です。基本の漬けタレに柚子汁を加えてさわやかに仕上げます。柚子が手に入らない場合は、酢橘やレモンなどでも。柚庵焼きというと、むつかしいイメージですが、前日の夜に漬け込むだけで当日は焼くだけの手軽な料理です。

材料

鮭の柚庵焼き

1人分 約15分

生鮭(もしくはトラウトサーモン)1切れ
少々
A  醤油大さじ1
A  酒大さじ1
A  みりん大さじ1
A  柚子のしぼり汁大さじ1

作り方

  • 1
    (前日の下ごしらえ)鮭は皮つきのまま、1切れを3等分に切る。気になる骨があればそぎ落としたり、抜いておく。これをバットにのせ、両面塩をふって10分おき、しっかりキッチンペーパーなどで水気をふく
  • 2
    その間に柚庵タレ(A)を準備し、ボールに入れ、鮭を漬ける(1時間~1晩)
  • 3
    漬け込んだタレの水気をキッチンペーパーなどで軽くふき、魚焼きグリルに入れ、中弱火で10分ほど、表面に焼き色がつき、皮が香ばしく焼けるまでじっくり焼く
カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る