イチゴは果物?それとも野菜?

今はイチゴが美味しい時期ですね。

皆さんに問題です。

イチゴは果物でしょうか?それとも野菜でしょうか?

なんと…イチゴは

農林水産省の作物の統計調査では野菜(?!)に含まれています。

ただし、実際は果物と同じように食べられていることから『果実的野菜』とも呼ばれています。(農林水産省HPより)

筆者は、食事で食べるものは『野菜』、デザートで食べるものは『果物』と思って生きていましたが、どうやら実際は違うようです。

そこでざっくり『果実的野菜』と野菜と果物の違いについてリサーチしてみました。

まず先に、『果実的野菜』に分類されるものからご紹介します。

スイカ
ヒョウタン
メロン
イチゴ

ヒョウタンは食用に向かないので、「果実的野菜」のグループの一員と言われても、はぁそうですか、という感じですが、

スイカにメロンにイチゴが野菜ですと?!

デザートなのに野菜ですと?

『メロン記念日』というアイドルグループは、キュウリ記念日と大差ないネーミングだったということ?

上記の4つの植物の共通点は、樹にならずに地面に張って育ち、草にできる実ということが、『野菜』に分類されるポイントです。

味ではなく、その生育過程からカテゴリーが決まるんですね。

農林水産省では、2年以上栽培する草本植物及び木本植物で、果実を食用とするものを『果樹』と定義しており、「木になる実を食べる」ということ。

スイカ、メロン、イチゴなどは、栽培方法が定義上の果樹ではなく野菜に該当するため、分類上は『野菜』になる。

農林水産省の生産出荷統計上では、このように野菜とされるもののうち果実的な利用をするものを『果実的野菜』として、さらに分類しているのです。

生産時には野菜や果実的野菜に分類されても、店頭では果物のコーナーで販売され消費されているので、果物という認識でも間違いないのですが、分類上や学問的では違うというややこしい状態。

つまり、捉え方によって『野菜』にもなり、『果物』にもなる。

分類上がどうであろうと、イチゴはイチゴ。その美味しさは変わりませんが、その裏で色々な思惑があると思うとちょっと面白いですね。

逆に、「実は果物」な食べ物の代表格がアボカドです。

サラダやお寿司の具としてもお馴染みのアボカドですが、実は木に実る立派な『果実』なんです。

アボカドが『果実』で、イチゴが『野菜』とは、面白い発見でした。
N’s KITCHEN(エヌズキッチン)で雑学を学ぶきなこでした。

(文:きなこ)

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

3つの味が楽しめるロールパンサンド弁当

こちらもおすすめ