果物の漢字-果物時計草、読めますか?

以前掲載した「野菜の漢字、いくつ読めますか?」に引き続き、食べ物の漢字シリーズです。

果物の名前は普段はカタカナでの表記ですが、漢字の表記もあります。

そこで問題です!いくつ読めますか?

1.林檎 

答え-リンゴ

「林」はそのまま「ハヤシ」を意味し、「檎」は中国語で「鳥」を意味しています。とても美味しいので、リンゴがなる林には鳥がたくさん集まるということから。

2.八朔 

答え-ハッサク

八朔(旧暦の 8月1日)頃から食べられたことから。

3.無花果 

答え-イチジク

実の中に花を付けるため、表から花が見えないことから。

4.果物時計草

答え-パッションフルーツ

英語でトケイソウを passion flower ということから。

5.鰐梨


答え-アボカド

和名を「わになし」と言い、熟したアボカドの表皮が、ワニの皮に似ていることから。

意味も合わせてわかると面白いですよね。

スラスラと読めたり書けたら、鼻高々?!

(文:さゆ)

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

漢字の偏:「さかなへん」の覚え方

こちらもおすすめ