睡眠の質を高めるホタテの食べ方とは?

睡眠の質を高めるホタテの食べ方とは?

ホタテは好きですか?

ホタテは、低カロリー高たんぱくの食材です。ホタテ貝柱100gあたりのたんぱく質量は、鶏もも肉とほぼ同量なのに、カロリーは鶏もも肉の約1/3、鶏むね肉の約1/2です。カロリーが気になるお子さまにもぴったりですね。それだけでなく、ホタテには、タウリン、亜鉛、鉄、ビタミンB12、葉酸なども多く含まれています。

そして、ホタテには睡眠を深くする作用があるとされるアミノ酸であるグリシンが含まれています。このグリシンには、睡眠の質を高める効果があります。グリシンを摂取すると、体の表面温度が上がり、それにともない体の中心部の温度が下がり、その結果、質の良い睡眠を得られるそうです。

では、睡眠の質を高めるためには1日のうちでいつ食べると良いと思いますか?

1. 朝食

2. 昼食

3. 夕食

正解は3「夕食」です。

グリシンの効果は比較的すぐに表れるので、夕食もしくは夜食に摂取するのがおすすめです。N’s KITCHENでもホタテを使ったレシピをご紹介していますので、参考になさってくださいね。

ほたてとアスパラガスのガリバタ炒め

レシピはこちら

根菜とほたての豆乳スープ

レシピはこちら

たび たび

カテゴリ
  • N's KITCHENをtwitterで送る
  • N's KITCHENをLINEで送る
  • N's KITCHENをfacebookで送る

パイナップルに食べられてる?

こちらもおすすめ