見た目も栄養も満たすお弁当の彩り『赤』

見た目も栄養も満たすお弁当の彩り『赤』

N’s KITCHEN(エヌズキッチン)編集部の周りでお弁当をつくっている方達からは、お弁当の彩りに悩む、という声をよく聞きます。「気が付くと茶色いお弁当になってしまう」というのは、特に男の子の保護者の方からよく聞こえてきます。揚げ物やお肉、お子さまの好きなものを詰めてあげると、茶色になりがちです。黄色は卵料理で入れられるので、追加するとしたら、緑と赤でしょうか?
そこで本日は、赤の彩りを4つご紹介します。

1. プチ(ミニ)トマト
お弁当の定番中の定番ですね。
生野菜を避けたほうが良い夏期でも、まるごと入れられるので、傷みにくいのが良いですね(未就学のお子さまはまるごと飲み込んでしまう危険があるので、切って入れてあげましょう)プチトマトのヘタには雑菌が繁殖しやすいため、取ってからいれましょう。
プチトマトを使ったお弁当:鰹の胡麻揚げ弁当

2. 赤ピーマン・パプリカ
お肉と一緒に炒めたり、ゆでたりして、火を通すことができますし火を通しても鮮やかさが保てるため、おすすめです。中の綿を取り除き、串切りにすると早く火が通ります。
赤ピーマンを使ったお弁当:鶏しそピカタ弁当

3. ラディッシュの酢漬け
ラディッシュをスライスして、すし酢につけておくと、10分ほどで全体がほんのりピンク色に染まります。一晩漬けこむと、より鮮やかな色に。彩りとしてあざやかですし、箸休めにもなりますね。
動画はこちら
ラディッシュを使ったお弁当:ハンバーグ弁当

4. にんじん
オレンジかもしれませんが(笑)にんじんは、型崩れしにくく、発色がきれいなので、お弁当の彩りとしておすすめです。時間に余裕があるときは、型抜きしてもかわいいですね。
にんじんを使ったお弁当その1:なすのレンチン蒸し弁当

にんじんを使ったお弁当その2:鮭のカレー焼き弁当

具材で赤が出せないときは、赤いシリコンカップやピックを使うのも一手です。たまには赤いお弁当箱も、かわいいですよ。

(文:たび)

カテゴリ
タグ
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをtwitterで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをLINEで送る
  • からだとあたまに良いお弁当レシピN's KITCHENをfacebookで送る

こんなにある 卵のアレンジ(岩下先生のレシピより)

こちらもおすすめ